TOP > イベント一覧 > モネ それからの100年

モネ それからの100年

<2018年夏、横浜にモネがやってくる!!>

印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成となる《睡蓮》大装飾画の制作に着手してから約100年。ひたすらに風景を見つめ、描き続けたモネの作品は今日にいたるまで私たちを魅了してやみません。

風景にもぐりこんでいくようなクローズアップによって描かれたイメージが、逆に画面を超えてどこまでも続いていくかに思わせる《睡蓮》の広がりーーこうしたモネの絵画の特質・独創性は現代の作家たちにも、さまざまなかたちで引き継がれています。

日本初公開の知られざる作品を含むモネの絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像など幅広い分野の現代アート65点が一堂に展覧し両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにします。

そして、「印象派の巨匠」という肩書にとどまらず、いまもなお生き続けるモネの芸術のゆたかな魅力に迫ります。

<画像>

クロード・モネ《睡蓮》

1906年

油彩、キャンヴァス 81.0×92.0cm

吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)

日時

平成30年7月14日(土)~9月24日(月・休)

10:00~18:00
※ただし9月14日(金)、9月15日(土)は20:30まで
※入館は閉館の30分前まで
※休館日:木曜日(8月16日は開館)

場所

横浜美術館

最寄り駅
みなとみらい

3番出口からマークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由徒歩3分
または〈マークイズ連絡口〉(10時~)から徒歩5分

主催 横浜美術館
東京新聞
テレビ朝日
  • 5社相直旅客誘致ページ
  • KIZUNA
  • Instagram
  • イベントスケジュール
  • みなとみらい線公式Twitter(運行情報)
  • みなとみらい線 公式Twitter
  • みなとみらい駅 サブウェイギャラリーM
  • お客様の声を反映して