TOP > おすすめコース > 横濱 歴史と文化巡り

おすすめコース

横濱 歴史と文化巡り 半日コース

  • お得!一日乗車券
  • 印刷用マップ(PDF)

Start!みなとみらい駅

徒歩9分

10:00

1帆船日本丸・横浜みなと博物館

帆船日本丸・横浜みなと博物館

帆船日本丸・横浜みなと博物館

1930年に建造され、1984年まで船員を養成する練習帆船として活躍した後、ここに係留保存されています。船内を見学できるように整備し、併設の横浜みなと博物館では、「歴史と暮らしのなかの横浜港」をテーマに、展示物を見学しながら横浜港の歴史と役割を学べます。横浜港を航行する映像を再現した操船シミュレーターや、横浜に関するポスターなども見どころです。

駅員のおすすめポイント♪
帆船日本丸は、昭和5年に建造された練習帆船で、昭和60年4月から、みなとみらい21地区の石造りドックに保存されています。海洋教室の開催や、すべての帆を広げる「総帆展帆(そうはんてんぱん)」は、今にも航海に出そうな迫力です。2009年に開港150周年を迎えた横浜港。この「横浜港」をはじめてテーマにした博物館が、この「横浜みなと博物館」です。長い港の歴史、技術、文化を紹介しているんですって。みなとみらいに遊びにいらしたら、ぜひ横浜港のすべてをここで体感して下さい。
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館) ほか臨時開館および休館日あり
  • 料金:施設へ直接お問い合わせください。
  • 最寄り駅:「みなとみらい」駅または「馬車道」駅 徒歩5分
  • お問い合わせ:045-221-0280

MAPで位置を確認

馬車道駅→日本大通り駅(2分)
または徒歩18分

11:30

2神奈川県庁本庁舎(横浜三塔・キング)

神奈川県庁本庁舎(横浜三塔・キング)

神奈川県庁本庁舎(横浜三塔・キング)

西洋建築に和の様式を融合させた「帝冠様式」による建築の、神奈川県庁本庁舎。屋上と展示コーナーは一般解放され、随時見学が可能です。館内の装飾も素晴らしく、壁や天井に見受けられる、牡丹(ぼたん)や蓮(はす)、柘榴(ざくろ)を組み合わせた「宝相華(ほうそうげ)」という花の文様は、正倉院にも取り入れられているとか。横浜三塔の一つである塔屋が建物に乗り、その堂々たる外観はまさに「キング」。建物は、国の有形文化財です。

駅員のおすすめポイント♪
神奈川県庁舎として昭和3年に完成した歴史的建造物ですが、現在も県職員が働く現役の建物です。横浜三塔の一つ『キング』の愛称で親しまれていますね。一般見学できる屋上からは横浜港が一望!月1回の一般公開では、扉の外からですが知事室が見学できるんですよ。
  • 開館時間:8:30 ~ 17:15(屋上展望台・展示コーナー)
  • 休館日:土・日・祝日、年末年始(12/29~1/3)
  • 最寄り駅:「みなとみらい」駅・「馬車道」駅
  • 料金:無料
  • 最寄り駅:「日本大通り」駅すぐ

MAPで位置を確認

徒歩3分

12:00

3横浜市開港記念会館(横浜三塔・ジャック)

横浜市開港記念会館(横浜三塔・ジャック)

横浜市開港記念会館(横浜三塔・ジャック)

神奈川県庁(キング)、横浜税関(クイーン)と並び「横浜三塔」の一つに数えられる高さ約36m の通称「ジャック」の時計塔を持つのが、国重要文化財指定の「横浜市開港記念会館」(中区公会堂)です。内部には481 名収容の講堂や9 室の会議室があり、市民の研修やイベントなどに利用されています。館内の廊下や階段は自由に通ることができるので、レトロな雰囲気のロビーやステンドグラスの細かい造作を心ゆくまで見学してくださいね。

駅員のおすすめポイント♪
横浜開港50周年を記念して、横浜市民からの寄付を募り建設された記念構造物で、大正12年の関東大震災により、時計塔と壁だけを残して焼失してしまいましたが、復旧に創建時と同じ設計スタッフがあたり、大正末期のインテリア空間をそのままに昭和2年に復元されました。現在は、いろいろな講演会や演奏会なども行われているほか、大正ロマン漂う空間で結婚式を行う事も出来ます。
  • 開館時間:通常見学10:00 ~ 16:00 一般公開日(毎月15 日)10:00 ~ 18:00
  • 休館日:毎月第4 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12 月9 日~ 1 月3 日)
  • 最寄り駅:「馬車道」駅・「日本大通り」駅
  • 料金:無料
  • 最寄り駅:「日本大通り」駅 徒歩1 分

MAPで位置を確認

ランチ

徒歩3分

14:30

4横浜税関資料展示室(横浜三塔・クイーン)

横浜税関資料展示室(横浜三塔・クイーン)

横浜税関資料展示室(横浜三塔・クイーン)

昭和9 年建築の横浜税関は、ロマネスク様式はじめさまざまな西欧建築様式が混在し、「横浜三塔」の一つ「クイーン」として親しまれている高さ51m の塔があります。1階にある資料展示室「クイーンのひろば」では、開港からの横浜港・横浜税関の歴史をつづるスクロール年表や貿易の変遷、麻薬やけん銃などの密輸の手口、知的財産を侵害した偽ブランド商品やワシントン条約に該当するはく製や標本等を、映像や実物展示により紹介しています。

駅員のおすすめポイント♪
クイーンの名で親しまれ、イスラム寺院を想わせる緑青色のドームを持つ現在の庁舎は3代目で、昭和9年に国会議事堂を設計した大蔵省営繕管財局の技師、吉武東里の設計により完成しました。横浜税関資料展示室の入口には、麻薬探知犬をモデルとしたイメージキャラクターの「カスタム君」がお出迎え!展示室内では映像や実物展示により、税関のお仕事が勉強できます。
  • 開館時間:10:00 ~ 16:00(5 ~ 10 月は10:00 ~ 17:00)
  • 休館日:年末年始
  • 料金:無料
  • 最寄り駅:「日本大通り」駅 徒歩3 分

MAPで位置を確認

徒歩3分

15:30

5横浜開港資料館

横浜開港資料館

横浜開港資料館

1972 年まで英国領事館として利用された建物を、開港資料館として開放。閲覧室では、明治から昭和まで残る公私文書記録、新聞雑誌、写真や浮世絵などの収集資料を展示。企画展も開催されています。中庭に植えられているタブノキ、通称「たまくす」(初代は1866 年の大火により消失し二代目)は、ペリー来航時に艦隊に随行してきた画家ハイネが「横浜上陸」や、「水神の祠」などに描いた、有形文化財。現在でも横浜開港のシンボルとして知られます。

駅員のおすすめポイント♪
横浜開港資料館に隣接して「開港広場」という、市民の憩いの場になっている石畳の公園があります。広場内には、日米和親条約締結の地の石碑や旧居留地90番地の大砲が設置され、明治15年頃に築造されたレンガ造りマンホールと下水道管も当時のままの状態で保存されています。施設めぐりの途中に、開港広場でちょっと休憩してみては…。
  • 開館時間:9:30 ~ 17:00(入館は16:30 まで)
  • 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始、資料整理日
  • 料金:施設へ直接お問い合わせください。
  • 最寄り駅:「日本大通り」駅 徒歩2 分
  • お問い合わせ:045-201-2100

MAPで位置を確認

徒歩4分

Goal!日本大通り駅

  • 5社相直旅客誘致ページ
  • イベントスケジュール
  • みなとみらい線 公式Twitter
  • よこはまウォーキングポイント
  • みなとみらい駅 サブウェイギャラリーM
  • お客様の声を反映して