TOP > 安全・安心への取り組み

安全・安心への取り組み

安全に関する基本的な方針

当社は、関係法令等の「遵守」と「安全最優先」の原則を第一に事業活動を行える体制の整備に努めております。

【安全方針】
  1. 1. 常に安全を最優先とし、人命を第一に行動します。
  2. 2. 法令・規程等を遵守し、厳正に職務を遂行します。
  3. 3. 思い込みや憶測に頼らず、迅速かつ正確に対処します。
  4. 4. 気づき合う職場環境をつくるため、コミュニケーションを大切にします。
  5. 5. 問題意識を高く持ち、安全マネジメント態勢の継続的改善に取り組みます。

安全報告書

安全への取り組み

ATC(自動列車制御装置)

信号保安装置としてATC(自動列車制御装置)を採用しています。これは、列車が連続的に速度情報を受信し、走行速度が定められた速度を超えた場合には自動的にブレーキが作動するシステムです。

非常停止装置

みなとみらい線では、ホームから線路上にお客様が転落した場合等、ホームに設置されている非常停止ボタンを押すことにより、列車を強制的に停止させ、お客様の安全を守るシステムを導入しています。

AED(自動体外式除細動器)の設置

みなとみらい線では、全ての駅にAED(自動体外式除細動器)を設置しています。

「新型インフルエンザ等対策業務計画」の要旨

新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成二十四年法律第三十一号)に基づき、指定地方公共機関である横浜高速鉄道株式会社では、「新型インフルエンザ等対策業務計画」を定めました。

「新型インフルエンザ等対策業務計画」の要旨(PDF)

国民保護業務計画について

武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(国民保護法)に基づき、国民保護業務計画を策定しています。

                                     

国民保護業務計画(PDF)

バリアフリー

エレベーター・エスカレーター

エレベーター・エスカレーター

地上の出入口からホームまで、またホームから地上の出入口まで乗り継いで行けるように、全ての駅に1統以レベーター・エスカレーターを設置しています。

階段

階段

階段の手すりには、点字による案内を表示します。また、手すりを2段にし、高齢のお客様や小さなお子様にも利用しやすくなっています。

自動改札機

自動改札機

改札口の一部に、車椅子ご利用のお客様や大きな荷物をお持ちのお客様も通行しやすい、幅広型の改札機を設置しています。

音声触知案内図

音声触知案内図

目の不自由なお客様に、駅構内の案内や主要施設の場所を点字・音声で、ご案内する音声触知案内図を全ての駅に設置しています。

多機能トイレ

多機能トイレ

身体の不自由なお客様や小さなお子様連れの方など広いスペースが必要な方に利用しやすい多機能トイレを全ての駅に男女別に設置しています。

車椅子スペース

車椅子スペース

みなとみらい線の車両は2号車と7号車に車椅子スペースを設けています。
ハンドル形電動車いすご利用にあたって横浜高速鉄道ではハンドル形電動車いすでの鉄道利用の条件を次のように定めております。

ハンドル形電動車いすの詳細はこちら

横浜高速鉄道からのお願い

女性専用車両のご案内

女性専用車両のご案内

みなとみらい線では、下記時間帯において女性専用車両を導入しております。
お客様のご理解とご協力をお願いいたします。

【実施時間帯・区間】
平日の始発~9時30分
【実施列車及び設定車両】
上記の実施時間帯の1号車
  • 女性専用車両は、女性のお客様のほか、小学生以下のお客様、お身体の不自由なお客様とその介護者の方もご乗車いただけます。
  • ダイヤに乱れが生じた際には、女性専用車両の運用を中止する場合もあります。

携帯電話マナー

携帯電話マナー

心臓ペースメーカーなど医療機器をご使用のお客さまに安心してご乗車いただくために、優先席付近では、混雑時には携帯電話の電源をお切りください。
それ以外ではマナーモードに設定のうえ、通話はご遠慮ください。

アルミ風船の持ち込みについて

アルミ風船の持ち込みについて

アルミ風船が鉄道の電線などに接触すると、一時的な停電が発生し、列車が運行できなくなる場合があります。駅構内にアルミ風船を持ち込む場合は、絶対に風船から手を離さないようにお願いします。
もし、駅構内で手を離してしまった場合は、すぐに駅係員にお知らせください。

小型犬・猫などの小動物を持ち込まれる時は、次の事をお守りください

小型犬・猫などの小動物を持ち込まれる時は、次の事をお守りください

  • 縦・横・高さの合計が90cm以内で、長さが70cm以内の容器に入れること。
  • 容器に収納した重量が10kg以内であること。
  • 他のお客さまに危害及び迷惑をかける恐れがないものであること。

正しい乗車券をお求めください

正しい乗車券をお求めください

  • ご乗車になる際には、目的地までの正しい乗車券を購入してください。
  • 乗り越しをされた場合は、精算機をご利用になるか駅係員にお申し出ください。

ハンドル形電動車いすご利用にあたって

ご利用になる前に必ずお読みください。

横浜高速鉄道ではハンドル形電動車いすでの鉄道利用の条件を次のように定めております。

ハンドル形電動車いすでのご利用は、ご利用になるお客様ご自身のハンドル形電動車いすが、「身体障害者福祉法」および「児童福祉法」に基づいた補装具として交付された場合、並びに「障害者自立支援法」に基づく補装具費が支給されている場合に限ります。(これまでに、これらの制度によりハンドル形電動車いすの交付またはハンドル型電動車いすの補装具費の支給を受け、現在は介護保険制度により貸与されている場合を含みます。)
ご利用の際は、ハンドル形電動車いす交付証明書、補装具交付決定通知書(注)、ハンドル形電動車いすに係る補装具費支給証明書、補装具費支給決定通知書(注)のいずれかを提示してください。

ハンドル形電動車いすご利用にあたって

  • 横浜高速鉄道では、証明書等の駅係員への提示に代えて、ハンドル形電動車いすへ添付する「ステッカー」の発行を行っております。
    申請書を印刷して記入し、必要な書類とともに、下記の宛先へ郵送をお願いいたします 。

お申込書はこちら(PDF)

【宛先】
〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町一丁目11番地
横浜高速鉄道株式会社 運輸部 運輸課
  • ご案内に時間がかかる場合がありますので、ご利用にあたっては十分な余裕を持って駅にお越しください。
  • 混雑時や運輸上支障がある場合、または取扱い時間帯などによってはご利用いただけない場合がございます。
  • 駅構内では、低速(約2km/h以下)で、十分なご注意のもと駅係員の指示に従い、安全な運転をお願いいたします。
  • 鉄道施設等をご利用中に、ハンドル形電動車いすのご利用が原因で発生した事故、紛争及び器物の破損等については、お客様の責任にて処理していただくこととし、横浜高速鉄道では一切責任を負いかねます。
  • その他の取扱いは旅客営業規則によります。
駅名 ご利用可否
横浜 ご利用いただけます
新高島 ご利用いただけます
みなとみらい
※美術館側改札口は、ご利用いただけません
ご利用いただけます
馬車道 ご利用いただけます
日本大通り ご利用いただけます
元町・中華街 ご利用いただけます